忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お洒落であれ!

 今回の展示『裁縫と抒情画展』では、中原淳一の「それいゆ」などファッション雑誌なども数多く展示しております。
その中から1点、「男子専科」創刊号をご紹介。

 昭和25(1950)年、『スタイル』の臨時増刊号として生まれた『男子専科』。

『スタイル』は昭和11(1936)年に創刊されたファッション誌で、当時にしては非常にモダンで画期的な女性誌でしたが、軍国主義の時代に突入し、軍部の統制により廃刊に追い込まれました。しかし、オシャレは女性にとって生きる糧、生きる楽しみ。戦争が終わり、武装解除した翌年、昭和21年(1946)年に復刊。

女性がオシャレをし始めると、男性はどうなんだ・・・?と、いうことで生まれた雑誌がこの『男子専科』です。

中を見ると、スーツに合わせて靴から帽子まで前身のカラーコーディネートについて書かれています。

他にも、ネクタイやらズボンなどの色・柄・デザインについて図と共にしっかり解説。
スーツ好きの私はパラパラと図を眺めるだけでもニヤニヤがとまりません。

個人的に気になったのは、一流のダンディ、高野三三男、河野鷹思、小野佐世男の座談会録でしょうか。「男のお洒落はどこに苦心したらよいか」について、3人があれこれ話しをしているのですが・・・
小野氏の「パリッとした恰好をしてれば、気持だってシャンとするんだよ・・・。」には、そうだそうだと相槌を打ち、
河野氏の「お洒落をする根本といふのは、一つは勇氣だと言へますね。」には、うん、まぁ、そうかなぁと色々思い起こして考え、
高野氏の「お洒落といふのは、生まれ落ちるときからすぐやらなければ・・・。」には、今からじゃ手遅れですかと苦笑い(笑)


そして裏表紙には代表的なカラーコーディネートが。出る前に自分の服装と照らし合わせておかしくないかチェックしろとのこと。


残念ながら展示品については保存のために中を見て頂く事は出来ませんが、現在『男子専科』の復刊プロジェクトがあるだとか。「懐古主義ではなく、温故知新。古き良きモノを再認識することで新たなおしゃれに目覚めて…」とのこと。


この言葉には頷くばかりです。
服装に限らず、古きがあってこその「新しい」であって、昔を知らずに前進し続けることは難しく、先人の知や美に触れる時というのも、大切だと思います。

拍手[7回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne