忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

塗り壁

塗り壁、 夜道で人間の歩行を阻む、姿の見えない壁のような妖怪・・・

検索をかけると何故か妖怪の方ばかりが出てくるのですが、妖怪の話ではありません。
人の手で作り上げ、空間を区切る、誰もが目にする事のある方の塗り壁です。

塗り壁!と言って有名どころはやはり漆喰壁でしょうか。高級な塗り壁と言えばじゅらく壁?
最近ではシックハウスの問題から、珪藻土壁とかも流行っているようですが・・・。
そんな壁の中でも、今回は「大津壁」について。

大津壁は、石灰に色土とすさを混ぜたもの。土の風合いや雰囲気を残しつつ、漆喰壁のように土が落ちてこないサラリとした仕上がりの壁が欲しい!という要望に応えようとして生まれた壁なんだとか。
元々、滋賀県の色土を使用していた事が名前の由来だそうです。


撮影場所:昭和に建てられた離れ

コヤノ美術館にある大津壁は、「大津磨き」と呼ばれるもので、コテや繊維の細かい布等を使って丹念に磨き上げ、ツヤを出したもの。
この建物は建てられて90年程になりますが、その光沢はまだまだ残っています。
職人技が光ってます。

拍手[7回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne