忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

【平成29年展示】うちわ展

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。
今年の展示は「うちわ」です。

うちわは元々儀礼的な意味の大きい道具でしたが、江戸時代に大衆に広まったことから、炊事や夏場の清涼道具装いなど実用的なものとなり、明治以降は広告媒体として広く活用されるようになりました。
 明治以降のうちわの図柄は日本の風物詩を表した情緒あふれるものから、楽しい図柄で商品を宣伝するもの、女優さん、戦争、縁起物…どれも時代を色濃く表しています。
そんな明治から昭和初期を中心にしたうちわと、うちわの元図、約300点を展示します!

因みに、私のお気に入りはこれ。

明治に入って登場した、気持ちや感情を表す「ハート柄」
緑・赤・ピンク・紫と、奇抜な色合いがすっごく素敵です。


大阪本館で展示したときは、こういった風景物が人気が高かったですね。

そして、
今年は常設してあった掛け軸や着物なども大幅に入れ替えしています。
楽しみですね…!

コヤノ美術館・西脇館~豪農の館~、2017年は1月14日より毎週土曜・日曜開館です。

拍手[5回]

PR

夜来(2016最新ナイトミュージアム写真有り)

今週あたりから急に冷え込んできましたね。
今まで割と暖かかったということもあり、一層寒く感じます。

2013年より初めたコヤノ美術館・冬季限定ナイトミュージアム。
最新写真をどうぞ!


夜になれば闇に包まれる日本庭園が、
ほんのりと照らされて幻想的に浮かび上がります。


星空の下、クラッシックカーと洋館が


長い廊下の窓越しに見える石庭

正直、私のへっぽこ写真で見るより肉眼で見たほうが数倍きれいです。

昼間とは全く様相の変わるコヤノ美術館・西脇館を見ることが出来るのはこの時期だけ!
見るためには予約必須ですよ~。

★冬期限定!ナイトミュージアム★
■開催日■
平成28年 12/3  12/10 12/17 
平成29年 1/14  1/21  1/28 
      2/4  2/11  2/18 2/25
ナイトミュージアム問合せ・予約専用番号:090-1919-0481

当日16:00まで予約受付。
定員:2名様より決行。
ツアー開始時間:18:00~
その他詳細はお電話にてご確認下さい。

拍手[6回]

洋館には薔薇が合う

洋館があって、クラッシックカーがあって、イスとテーブルがある
しかし、なんかこう…緑がほしいよね…。
そう、緑…緑…ここにはやっぱりバラがほしい!

と、いうことで、今年の夏ごろだったかな(曖昧)薔薇の鉢植えを置いてみました。



薔薇だけだとボリュームにかけたのでほかのもちょろっと置いてありますが



華やかになりました。

配置などは悩み中ですが、今後にご期待ください~。

拍手[4回]

紅葉

庭のもみじが、紅をさしたように赤く色づいてきました。



日中と朝晩との寒暖差が大きくなり、最低気温の平均が8度~6度くらいになると色が変わり始めるようです。
春の桜、秋の紅葉は季節を愛でる二大巨頭ですが、すっと目を奪われる魅力がありますね。

拍手[4回]

年末休館日のお知らせ

葉も色づき始め、やっと秋らしい風景になってきましたね。
少しひやりとした風と空気が気持ちよくて、観光にはもってこいのシーズンです。



しかし、秋を感じる以上に、私には年末のかけよる足音が聞こえてくるようで…。
毎年の事ながら、年末年始は展示品入れ替えの為、コヤノ美術館西脇館は休館です。

今年の最終開館日は、12月18日の日曜日。
ちょうど1ヶ月後ですね。
「櫛・簪(くし・かんざし)と化粧道具展」が見られるのはあと1ヶ月。
数にして後10回。
その他の展示もちょこちょこ変わってしまうかも?
まだ見てないわよ~って方は、是非お越し下さい。



ナイトミュージアムも開催中(要予約)ですよ!
■開催日■
平成28年 12/3  12/10 12/17 
平成29年 1/14  1/21  1/28 
      2/4  2/11  2/18 2/25
ナイトミュージアム問合せ・予約専用番号:090-1919-0481
当日16:00まで予約受付しております。
定員:2名様~15名様
ツアー開始時間:18:00~

来年は1月14日(土)より開館です。
メインの展示は「うちわ展」。
こちらもお楽しみに!

■✿■✿■✿■✿■✿■✿■✿■✿■✿■✿■✿■✿
コヤノ美術館・西脇館~豪農の館~
兵庫県西脇市市原町139
開館日:毎週土曜・日曜(12/26,12/27、1/2,1/3、1/9,1/10は休館)
時 間:10:00~17:00(12月~2月は16:00まで)
入館料:一 般 800円 小中学生 300円
問合TEL:(06)6358-7555(大阪本館 月~土 9:00~18:00)
■✿■✿■✿■✿■✿■✿■✿■✿■✿■✿■✿■✿

拍手[5回]

葉見ず花見ず

今年も彼岸花の咲く時期がやってきました。
美術館までの道程でも、沢山真っ赤な彼岸花を見ることが出来ます。

庭にも、赤と白の彼岸花が点々と咲きはじめました。


白いものは、彼岸花とショウキズイセンの自然交配で誕生したそうな…。
怪しい雰囲気をかもし出している赤とはまた違った魅力がありますね。

拍手[5回]

夏の終わり

痛いほどに暑かった日差しが
気がつけば和らいで
蒸すような熱気も
一雨ごとに冷やされて



草は成長をやめ
ミンミンと、カナカナと聞こえていた蝉の声はやみ
まだ聞こえはしないけど
そのうち秋虫たちがさざめきあって


夏が遠のいていく

拍手[5回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne