忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

平成30年展示のご案内

新年 あけましておめでとうございます!
今年も宜しくお願い申し上げます

今年のメイン展示は、「ぼうし?と かばん?展」です。

平成30年1月13日~12月16日まで

日よけ、役職、おしゃれにと、様々なデザインの帽子を見ることが出来ます。
中には原敬のシルクハットや、大黒屋光太夫の木製帽なども…
キラキラのビーズバッグなんかもきれいで見ていて楽しいです。

その他、着物展やおもちゃ展など。
こちらも内容充実しており、面白いです。

拍手[2回]

PR

吊り下げ式手洗い器

大正から昭和の頃はどの家もお手洗いを出たあたり、軒先にふきんと共にぶら下げていた手洗い器。
自動手水器とか、吊り手水とも呼ばれていたり。
主流はブリキで出来たもので、下についたカランの棒の部分を上げると水が出てきます。
そんな光景があちこちで見られたのは昭和40年ごろまで。
上水道の普及により見られなくなりました。
今でもポリエチレン製のものがあり、外作業などする方には重宝されているのかな。



瀬戸物の吊り下げ式手洗器は意外と少なく、旅館やお屋敷などで使われていました。
真っ白で上品な手洗い器です。

拍手[3回]

新メンバー

柴犬の麿(まろ)くんが、西脇館の正式スタッフメンバー?に加わりました。

平成16年12月5日生まれ。オス。
今日誕生日ですね!お誕生日おめでとう!

13歳になった麿くん。
ツン顔がお得意のよう。
主な業務は土間の見守りです。


それでは、麿くんより一言。
「来年は戌年。僕の年。より気合を入れて頑張ります!」




拍手[5回]

着物展

隠された階段をあがっていくと
絢爛豪華な着物の織り成す
ちょっと不思議な空間が広がっています



平成25年からだったかなぁ(オイ)
すこーしづつ入替ながら、打掛と子供用の着物など約150点を展示しておりましたが、来年はこちらガラリと一新します。



これら着物の展示が見られるのは今年まで。
まだ見てないよ!という方は、是非コヤノ美術館西脇館に!
今年の展示は平成29年12月17日まで。
開館日は土・日のみだから、今年の展示が見られるのは、残りわずか6日。
その他、うちわ展、戦争と平和展、ジャイアント馬場の靴の展示なども見られるのはあと6日。


拍手[5回]

朝ぼらけ

前回日記が夜だったので、今回は夜明けにしてみようかなと。
スタッフにしか撮れない時間帯の写真でお送りします。


朝の6時15分。山からじわじわと赤い色が漏れ出し、徐々に明るくなってきます


空が白み、こうやって朝がやってくるのだなぁと、まじまじと思いました。

拍手[6回]

夜が来る



太陽の光が差さない時間
人の力で生まれた光に照らされて
昼とは違う顔を覗かせる

夜の古民家へようこそ



★冬期限定!ナイトミュージアム★
■開催日■
平成29年 12/2  12/9 12/16 
平成30年 1/13  1/20  1/27 
      2/3  2/10  2/17 2/24
入館料は今までどおりそのままで、入館は完全予約制とさせて頂いております。
ナイトミュージアム問合せ・予約専用番号:090-1919-0481

当日16:00まで予約受付しております。
定員:2名様~15名様
ツアー開始時間:18:00~
その他詳細はお電話にてご確認下さい。

ご来館の際は、暖かい服装でお越しください。
今回のお写真は実際のライトアップとは異なります。

拍手[6回]

※HP緊急メンテナンス中【メンテ終了】

現在、コヤノ美術館及び㈱コヤノのHPは緊急メンテナンスの為、ご覧頂くことが出来ません。
メンテナンス終了は平成29年11月半ば予定です。

コヤノ美術館 西脇館~豪農の館~の情報のみ、こちらに掲載しておきますので、何卒宜しくお願い致します。

名称:コヤノ美術館 西脇館~豪農の館~
住所:兵庫県西脇市市原町139番地
開館日時:毎週土曜・日曜 AM10:00~PM5:00(12月よりPM4:00まで)
入場料:大人 800円
    小中学生 300円
(兵庫県教育委員会発行 ひょうごっ子ココロンカード提示で小中学生無料)
電話:06-6358-7555(大阪本館に繋がります。月~土9:00~18:00)
駐車場:あり



コヤノ美術館 西脇館とは
旧国鉄鍛冶屋線建設などにも尽力した豪農の藤井滋吉邸を再生・活用しています。約3,000m 2 の敷地に、明治23年に建築された母屋、大正期のモダンな洋館、昭和初期の宮大工が建てた客棟が並び、3時代の建物を一同に見ることが出来ます。また、建築様式としても珍しく、細部まで拘った造りは一見の価値あり。
建物はすべて、国登録有形文化財に登録、景観形成重要建造物に指定されています。
その中に、館長 小谷野達雄の蒐集したコレクションを毎年テーマを変えて展示しております。

■展示情報■
=平成29年=
うちわ展~広告・国策・美的感覚 うちわで見る明治から昭和~
戦争と平和展
婚礼用打掛と子供の着物
ジャイアント馬場の靴
羽子板展
etc
こちらの展示は12月17日までです。
年末年始は展示入れ替えの為休館です。

=平成30年=
ぼうし?と かばん? 展
etc
その他、何が来るかは、年末のお楽しみ!

★【完全予約制】冬期限定!ナイトミュージアム【予約受付中】★
■開催日■
平成29年 12/2  12/9 12/16 
平成30年 1/13  1/20  1/27 
      2/3  2/10  2/17 2/24
ナイトミュージアム問合せ・予約専用番号:090-1919-0481

当日16:00まで予約受付しております。
定員:2名様~15名様
ツアー開始時間:18:00~
その他詳細はお電話にてご確認下さい。

拍手[5回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne