忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

※HP緊急メンテナンス中【メンテ終了】

現在、コヤノ美術館及び㈱コヤノのHPは緊急メンテナンスの為、ご覧頂くことが出来ません。
メンテナンス終了は平成29年11月半ば予定です。

コヤノ美術館 西脇館~豪農の館~の情報のみ、こちらに掲載しておきますので、何卒宜しくお願い致します。

名称:コヤノ美術館 西脇館~豪農の館~
住所:兵庫県西脇市市原町139番地
開館日時:毎週土曜・日曜 AM10:00~PM5:00(12月よりPM4:00まで)
入場料:大人 800円
    小中学生 300円
(兵庫県教育委員会発行 ひょうごっ子ココロンカード提示で小中学生無料)
電話:06-6358-7555(大阪本館に繋がります。月~土9:00~18:00)
駐車場:あり



コヤノ美術館 西脇館とは
旧国鉄鍛冶屋線建設などにも尽力した豪農の藤井滋吉邸を再生・活用しています。約3,000m 2 の敷地に、明治23年に建築された母屋、大正期のモダンな洋館、昭和初期の宮大工が建てた客棟が並び、3時代の建物を一同に見ることが出来ます。また、建築様式としても珍しく、細部まで拘った造りは一見の価値あり。
建物はすべて、国登録有形文化財に登録、景観形成重要建造物に指定されています。
その中に、館長 小谷野達雄の蒐集したコレクションを毎年テーマを変えて展示しております。

■展示情報■
=平成29年=
うちわ展~広告・国策・美的感覚 うちわで見る明治から昭和~
戦争と平和展
婚礼用打掛と子供の着物
ジャイアント馬場の靴
羽子板展
etc
こちらの展示は12月17日までです。
年末年始は展示入れ替えの為休館です。

=平成30年=
ぼうし?と かばん? 展
etc
その他、何が来るかは、年末のお楽しみ!

★【完全予約制】冬期限定!ナイトミュージアム【予約受付中】★
■開催日■
平成29年 12/2  12/9 12/16 
平成30年 1/13  1/20  1/27 
      2/3  2/10  2/17 2/24
ナイトミュージアム問合せ・予約専用番号:090-1919-0481

当日16:00まで予約受付しております。
定員:2名様~15名様
ツアー開始時間:18:00~
その他詳細はお電話にてご確認下さい。

拍手[3回]

PR

みどり

昭和の建物
2階に上がる階段を昇っていくと、ほんのり薄暗い部屋にぽっかりとあいた窓から
裏山の木々の緑が
光をはらんで視界に飛び込んでくる
黒光りする廊下の床にうっすらと映り込む



夏が終わるのだなと、
そう
感じた

拍手[3回]

夏の音

ガラスや金物の硬質な高い音は涼しさを感じさせると共に
「夏の音」といった印象がある

風鈴とか
グラスとグラスの乾杯音とか

館内の土間でのんびり過ごしていたら、そんな、夏の音が聞こえてきた


タコの浮き球飾りがあった

さりげないのに
視覚だけでなく聴覚でも涼しさを演出してくれる
ニクいやつ

拍手[3回]

★冬限定★ナイトミュージアム【9月より予約受付開始】

日の暮れる時間が早く感じる今日この頃。
今年もこの時期がやってまいりました。



★冬期限定!ナイトミュージアム★
12月~2月末までの土曜日、コヤノ美術館 西脇館~豪農の館~にて、ナイトミュージアムを開催します。
■開催日■
平成29年 12/2  12/9 12/16 
平成30年 1/13  1/20  1/27 
      2/3  2/10  2/17 2/24
入館料は今までどおりそのままで、入館は完全予約制とさせて頂いております。
※予約は9月からです
ナイトミュージアム問合せ・予約専用番号:090-1919-0481

当日16:00まで予約受付しております。
定員:2名様~15名様
ツアー開始時間:18:00~
その他詳細はお電話にてご確認下さい。



1年の内この時期だけの、特別な時間。
予約者だけに、お見せ致します。
素敵な写真も撮れちゃうかも!?

拍手[5回]

【うちわ展】夏らしく【展示紹介】

毎日蒸し暑いですね。
日向に出なければ体感的にはそこまで暑いとは思わないのですが、滲み出る汗が止まりません。
そして、エアコンの無いコヤノ美術館 西脇館内では、うちわが手放せません。
うちわを片手に縁側にゆっくり腰を下ろして、蝉の声を聴きながらのんびりするのも、夏を感じられていいかも…(どうだろう)

そんな今の時期にピッタリのうちわを、現在「うちわ展」にて展示中のうちわからご紹介。


夏と言えばやっぱり
青い空!
青い海!
水着のおねいさんに
スイカです。
全部詰まってます。
心涼まります(?)
昭和初期のうちわですね。

うちわ展は平成29年1月14日~平成29年12月17日まで
明治~昭和のうちわを中心に約300点展示しております。
明治以降、広告媒体の一つとして発展を遂げたうちわは、時代の流れを色濃く反映しています。


拍手[6回]

へそまち文化新聞第二号発行です!

越川誠司さんが編集・発行する『へそ文』こと、『へそまち文化新聞』第2号が7/22に発行されました。
今回は「街を歩きお屋敷を訪ねる」ということで、コヤノ美術館 西脇館、表紙をドーンと飾らせて頂きました。中ページにもしっかり載せて頂いてます。


私の写真だとくすんでしまっていますが、表紙の写真は青空がとても映えて初夏号らしくさわやかです。そして、横に書かれた「浪漫」という言葉がよく合います←

へそ文は「文化と工芸のまち」西脇の魅力をたっぷりお伝えするフリーペーパーです。
当館はもちろん、各所に設置してありますので、是非お手に取ってみてください。

■設置場所■
〈西脇市〉
Miraie(みらいえ)、北はりま旬菜館、道の駅 北はりまエコミュージアム、四川菜館 小洞天、バーガークレイジー、村上歯科医院、岡之山美術館、tamaki niime、~hair.~.greenroom、文林 西村書店、coffee&bar POT、コヤノ美術館 西脇館
〈多可町〉
古時
今後追加もあるかも…!
『へそ文』の詳しい情報はフェイスブックへ(https://www.facebook.com/hesobun/

拍手[4回]

ぷかぷか

暖かくなってきたなと思ったのもつかの間
毎日暑いですね。
夏に向けて恐怖しかありません(笑)

そんな気持ちが少しでも涼やかになるよう(?)手水鉢を花で彩っています。


ちょっと花を浮かべただけでも、気持ちが華やかに、涼しくなりますね?
なります。

拍手[4回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne