忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137

平成トイレ③

女性用トイレに続き、男性用トイレも無事完成致しました。



華やかな女性用に対し、男性用はシュッとした、やや渋めなイメージ。

壁紙など基本部分はどちらも同じなので、大差無いと言われるとまぁ、そうなんですが、照明や手洗器・鏡を変えるだけで、違った雰囲気に出来上がったと私は思っています。

それにしても、赤・黒・白の魅力とはなんだろう。

黒は宇宙、夜空の色。赤は太陽、血、命。
そこに浮かぶ白は月であり、雲であり、光であり、空間。無。



人が人となったのは、火を使うようになったから。手に入れた火の赤は、やがて黒き墨となる。

簡単に言ってしまうと、赤・黒・白は「相対の配色でくっきりはっきりしていて美しく見える」というだけですが、この配色は、原始的かつ、究極の美しさの様に思えます。




因みに、男性用照明は優徳空間工房さんの手作りです。
ご無理ばかり言ってすいませんでした(笑)

それでは、工事に携わって下さった皆々様、本当に有難うございました。

拍手[23回]

PR

日本のトイレ
写真を拝見して ”日本のトイレ”って
感じがします。
写真2番目は白~赤~黒の色合いが
とてもいい感じです
この空間この感じこの角度で撮影されて
記事にもありました、赤と黒の強調部分が
白の照明を交えてすごくかっこいいですね。
(写真2番目凄くいいです。)
Re:日本のトイレ
>おにかま 様
コメント有難う御座います。
2枚目の写真は狭い空間の中、トイレをどうかっこよく撮るかと試行錯誤して撮影し、私も気に入っている1枚なので、とても嬉しいです。
【 管理人K 2013/07/05 11:40】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne