忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

電気のある生活①~碍子~

明治中ごろから、日本の家庭に徐々に電気が引かれるようになりました。
主な需要は「電灯」です。
家に引き込んだ電線を「電灯線」と呼んだり、電力会社の名前が元々「東京電燈」や「名古屋電燈」であった事からも、その事か伺えます。

家の中に電灯が灯った時、本当に感動した事でしょう。

「電灯線」を配線するのに必要になったのが「碍子(ガイシ)」。
線とその支持物との間を絶縁し、また線が弛まないように配す為のものです。
当時の碍子と電灯線は壁や天井伝いにむき出しに取り付けられていました。

コヤノ美術館西脇館はと言うと・・・
縁側や廊下の下に碍子がビシッと整列しています。



数が多いので壮観。
設置するのも大変だったのではないかと思われます。
それでも線を隠そうとする…こだわりですね。

まさしく、縁の下の力持ちです。

拍手[8回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne