忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

電気のある生活③~二又ソケット~

アイロン等の電気製品が登場して、問題となった電源。
くどいようですが、「「電気のある生活②」で書いた通り、当時の一般家庭には普通、壁にコンセントが無く、居間の天井に1カ所だけ照明用電灯線が引かれているだけでした。
だから、電気器具を使うには、電球を取り外して、そこへ器具を接続。電灯か家電か、どちらかしか使えない状態でした。
もう一本ひけばいいじゃない。と、思われるかもしれませんが、大正時代、多くの一般家庭は電気の供給口を一つだけ設置し、電気使用料金を定額とする「一戸一灯契約」を電気会社と結んでいたのでした。
不便です。
ものすごく不便です。
そこに登場したのが所謂「二又ソケット」。


写真は「一灯一差」
二灯用クラスターの片方がコンセント差込口になっています。
『「二灯用差込プラグ」(通称二又ソケット)』と書かれているものがよくありますが、二又ソケットは「二灯用クラスター」の事だと思っています。この辺の話は長くなるのでここでは省きます。

「松下電気器具製作所(現パナソニック)創業者の松下幸之助が独立したての時に、電灯と他の電気製品を使いたい姉妹(若しくは兄弟)が喧嘩しているところを目撃して考案した」とか「松下が社員全員で相談していたところ、二股にすればよいという案が出た」という話が様々なところで語られていますが、正しくは元々存在した商品をより使いやすく・壊れにくく・安価提供を行ったのが松下だった、という事のようです。この辺の話も長くなるので以下略。

なんせ、松下のこの商品は、月産5千台という大ヒットとなりました。


3つに分かれているものもあります。


これらや、昔の電球、ひよこの卵を温めるためのひよこ電球など数点も、現在展示中です。

拍手[8回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne