忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

電気のある生活④~コンセント~

二股ソケットが登場し、より便利に使えるようになった電気機器。
電灯の笠の中からアイロンのコードが、掃除機のコードが、ピロンと延びているという風景が一般家庭でもちらほらと見られたのではないでしょうか(とは言え、庶民には高嶺の花の電気機器。どれほど普及したものか詳しくないですが…)
そして戦後の高度経済成長期に突入し、壁付けコンセントが普及しました。

・・・が、コヤノ美術館西脇館(旧藤井家)は、一般家庭とは違います。
大正時代の建物の壁に、しっかり着いていますコンセント。


撮影場所:大正洋館の脱衣場


撮影場所:大正洋館の応接間

応接間の方はフタ付きです。

形が異なりますが、輸入国の違いでしょうか。使用目的の違いとかで変えたのでしょうか。
コンセントについては私、全く分かりません。気になる・・・。

これだけ電気をひいていたら、電気のある生活①で見たように、碍子も沢山ある訳ですね。

拍手[10回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne