忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [112]  [111

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年、それから来年へ・・・

1年、本当にあっと言う間ですね。
先日12月23日をもちまして、今年度の展示「盃台と東海道五十三次」は終了いたしました。


今年は、「人と人との繋がり」をコンセプトに、酒宴や会合、行事など、人と人を繋ぐ様々なシーンで使用されてきた「盃」を支える「台」。それから、各宿場の風景・人の生活を伝えた「東海道五十三次」の展示を行っておりました。
「盃台というものがあったことを知らない」、「はじめて見る」という方も多く、その多様なデザインや味わいを楽しんで頂けていたらなぁ、と、思います。
また東海道五十三次は広重版の版画と明治時代の写真とを並べて展示し、各地の風景、広重の絵の色使いや風景の切り取り方の面白さだけではなく、時代の流れも感じて頂けたのではないでしょうか。

その他、5月からは戦艦大和長官用の茶碗をはじめ、軍用エビスビールや防空頭巾など戦争関連の展示を。
8月からは東京オリンピック時の選手のランニングシャツなどオリンピック展示を行っておりました。


また、今年からは昨年に完成した西脇館の平面図も置き、よりいっそう、この稀な建物に対する理解を深めて頂けるようになったのではないかと思います。

コヤノ美術館西脇館は、明治・大正・昭和の特色ある建物で構成された豪農の家をそのまま利用しております。
この家、おそらく住宅としてはかなり大規模であり、また、長年空き家だったことから、リフォームされていない、ほぼ昔のままの良い状態で保存されています。(一部修復復元)

その他、今年はコスプレイヤーによるプライベート撮影会を7回開催致しました。
撮影会は日曜日の開館時間内に開催しておりました。
寒い時期、暑い時期、雨の日もありましたが、皆様非常に楽しんで撮影されていました。
また、一般のお客様にも「コスプレ」という、最近増えつつありながらも普段目にすることの無い現代日本文化に触れて頂き、楽しんで頂けました。



撮影:館長代理 許可を頂いて掲載しております。
日付は未定ですが、来年もまた、あるかもしれません。

来年の展示は「裁縫と抒情画展」です。
来年は1月19日(土)より開館です。
詳しくは、また後日・・・。
お楽しみに!

拍手[7回]

PR

今年の展示品も楽しみ
昨年は二度コヤノ美術館に行きましたが、
とても時代の移り変わりを感じて良かったです。
展示品では盃台を楽しく拝見させて頂いたのですが
酒のなみなみと注がれる様子が想像できます。
あんなので酒が飲めたらさぞ美味しいと思いました
お酒飲めませんが・・(笑)
今年の展示裁縫と抒情画展楽しみにしております
Re:今年の展示品も楽しみ
>巳長い良波レイ 様
昨年は二度も御来館頂き、有難うございました。昨年の盃台は今の普段の生活とはなじみの無いもので、はじめて見たという方も大変多かったのですが、本当におしゃれで、美味しいお酒が飲めそうですよね。
今年の展示も昨年とは雰囲気がガラリとかわり、面白いです。またの御来館、楽しみにお待ちしております。
【 管理人K 2013/01/09 09:45】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne