忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うばぐるま

今年から展示している大正期の藤乳母車です。
大きいです。
藤の網目がみっちり詰まってます。
真ん中には家紋が入ってます。



そしてこのデザイン・・・
どことなく目の様に見えます。
館長代理曰く、「魔除けの意味であしらったんじゃないか」とか。
「魔除けの目」というと、私はイスラム系のものしか頭に浮かばず日本ではあまりピンと来ないのですが、日本にも一つ目やら百々目鬼、目々蓮など「目」にまつわる妖怪は沢山居ますし、それはやはり「目」に対して特別な意識を持っていたことは確かかな、と。
「見られている」と悪いことは出来ないですしね。
それに、子供は魔に魅入られやすいもの。魔にうばわれちゃぁ一大事です。乳母車に魔除けを仕込む・・・そういう事もありえるかなぁと思います。
もう一点、魔除けかなと思う理由として、上の写真では分かりにくいのですが、「目」として見た時の白目にあたる部分に青のカラータイが藤と一緒に編みこまれているということ。
トルコの目のお守りは青目ですし、(中心から黒・青・白)日本でも「人の手出しの出来ない色」として神秘性を持った色です。
考えが飛躍しすぎているような気は自分でもしますが・・・まさか補強やら修復やらでこんな立派な藤織りに青のカラータイを入れることは無いと思いますし、そうなるとやはり魔除けかなぁと思います。

下のスプリングもすごいです。

しっかりとしたスプリングに支えられた乳母車、きっと居心地が良いのではないでしょうか。

いずれにしても、高級乳母車です。

【追記】カラータイについては、修復案が濃厚のようです。

拍手[8回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne