忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夏の音

ガラスや金物の硬質な高い音は涼しさを感じさせると共に
「夏の音」といった印象がある

風鈴とか
グラスとグラスの乾杯音とか

館内の土間でのんびり過ごしていたら、そんな、夏の音が聞こえてきた


タコの浮き球飾りがあった

さりげないのに
視覚だけでなく聴覚でも涼しさを演出してくれる
ニクいやつ

拍手[3回]

PR

ぷかぷか

暖かくなってきたなと思ったのもつかの間
毎日暑いですね。
夏に向けて恐怖しかありません(笑)

そんな気持ちが少しでも涼やかになるよう(?)手水鉢を花で彩っています。


ちょっと花を浮かべただけでも、気持ちが華やかに、涼しくなりますね?
なります。

拍手[4回]

雪帽子を被った王者

先日の雪の日、庭に飾ってあるライオンを見ると、



かわいらしい雪の帽子をかぶっていました。
かわいいです。

拍手[6回]

雪化粧

1月14日より開館したコヤノ美術館・西脇館。
しょっぱなからまさかの大寒波と雪で、正月の温かさはどこへ行ったの…


西脇市というのは、意外と暖かい地域でして、日中はチラつく程度、夜中の雪が積もっても、だいたい朝の10時ころには全てとけてしまうような場所です。

なので、来館頂いた方が直に雪景色の美術館を見ることは今までなかったのですが、今回は、まったく雪のとける気配がなく、珍しい景色を楽しんで頂けました。

特に14日のナイトミュージアムは寒かったのではないでしょうか。

雪が積もりかけの頃で、こちらも中々見られない景色ですね。

拍手[7回]

夜来(2016最新ナイトミュージアム写真有り)

今週あたりから急に冷え込んできましたね。
今まで割と暖かかったということもあり、一層寒く感じます。

2013年より初めたコヤノ美術館・冬季限定ナイトミュージアム。
最新写真をどうぞ!


夜になれば闇に包まれる日本庭園が、
ほんのりと照らされて幻想的に浮かび上がります。


星空の下、クラッシックカーと洋館が


長い廊下の窓越しに見える石庭

正直、私のへっぽこ写真で見るより肉眼で見たほうが数倍きれいです。

昼間とは全く様相の変わるコヤノ美術館・西脇館を見ることが出来るのはこの時期だけ!
見るためには予約必須ですよ~。

★冬期限定!ナイトミュージアム★
■開催日■
平成28年 12/3  12/10 12/17 
平成29年 1/14  1/21  1/28 
      2/4  2/11  2/18 2/25
ナイトミュージアム問合せ・予約専用番号:090-1919-0481

当日16:00まで予約受付。
定員:2名様より決行。
ツアー開始時間:18:00~
その他詳細はお電話にてご確認下さい。

拍手[7回]

洋館には薔薇が合う

洋館があって、クラッシックカーがあって、イスとテーブルがある
しかし、なんかこう…緑がほしいよね…。
そう、緑…緑…ここにはやっぱりバラがほしい!

と、いうことで、今年の夏ごろだったかな(曖昧)薔薇の鉢植えを置いてみました。



薔薇だけだとボリュームにかけたのでほかのもちょろっと置いてありますが



華やかになりました。

配置などは悩み中ですが、今後にご期待ください~。

拍手[4回]

紅葉

庭のもみじが、紅をさしたように赤く色づいてきました。



日中と朝晩との寒暖差が大きくなり、最低気温の平均が8度~6度くらいになると色が変わり始めるようです。
春の桜、秋の紅葉は季節を愛でる二大巨頭ですが、すっと目を奪われる魅力がありますね。

拍手[6回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne