忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014年展示「貯金箱と宝船」

西脇館の今年のメイン展示は「貯金箱と宝船」です。



今回のテーマについて、
「貯蓄好き」「貯蓄民族」と呼ばれることが多い日本人。しかし、欧米文化の吸収、景気低迷、活力不振が続いた中、今や日本の貯蓄率は主要国では最低水準と言われています。また、詐欺もとても増えましたよね。せっせと貯めた預貯金があの手この手であっと言う間に盗られてしまう。怖いです。

そんな今こそ「お金との付き合い方」を考えるべきであり、そしてその、「お金との付き合い方」の一端を握ってきた貯金箱を展示しようという事となりました。
最近はもう、貯金箱にお金を貯める方は少なくなったとは思いますが、中身の取り出せない貯金箱に小銭を入れてはカラカラと音をたてて振り、中の存在感を確かめながら「いくら貯まれば何を買おう、これだけ貯まればどこへ行こうと」と夢を膨らませた方も居らっしゃったことと思います。貯金箱は、人の夢をも貯めていたのですね。

1950年代後半ごろから、各銀行が景品としてこぞって作った銀行名入りの貯金箱を中心に、子供向けのキャラクター貯金箱から江戸時代の銭壷まで、様々展示しております。

そして、「人の夢」繋がりでもう一つ。宝船を展示することに致しました。
見た目のめでたさだけではなく、「1年良い事ありますように」と吉事を運び、凶事を流す、お宝を載せた夢いっぱいの宝船。楽しいような、幸せになれそうな、験を担いでみたり、ちょっとこじゃれた物まで様々。

ポスターにも使われている、この宝船が私のお気に入りの一枚。

今回は貯金箱も宝船も、にぎやかで楽しい展示です。

拍手[7回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne