忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秋の夜長に②

前回に引き続き、暮れ頃の館内写真です。


昭和の離れ。
2階に館長がこっそり写っています。
昼間よりも静かで、色の情報が少なくなるからか、ちょっとした音や動きに敏感になりますね。


大正の廊下。
内の灯りを受けた廊下は、昼間の、外からの明りを受けていた時とは全く異なった、艶やかな印象があります。


書斎。
薄暗くもやわらかい光は、足元まで届ききらない。


母屋と、大正時代の洋館と。

母屋には蛍光灯が付いているので、他の部屋と比べて一段と明るいです。

昼間は頼りなく感じる電気も、夜が迫ってくると、眩しく感じます。

③に続くかも?

拍手[11回]

PR

たくさんの表情
昭和の離れ、大正の廊下、書斎、母屋大正の洋館
これまでも、ブログ拝見してきましたが
秋の夜長に②の秋の寂しそうな夜の表情がとても
伝わってきました。
僕はこれまで明るい表情ばかり見てきたせいか
とても”秋の夜の時間 ”の寂しさが感じられました。(四季折々の表情があって綺麗です)
Re:たくさんの表情
>戦国無双真田幸村 様

いつも有難うございます。
昼と夜では、本当にガラリと雰囲気が変わりますね。その、夜が、秋は早く来ます。
やや冷えてきた風も、虫の声も、写真では伝えられませんが、少しでも感じ取ってもらえるれば、嬉しい限りです。
【 管理人K 2012/11/12 11:59】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne