忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

梅薫る

17日の日曜日は、陽光暖かく、とても過ごしやすい1日でした。
前庭の梅もほぼ満開になりましたよ。




江戸中期にソメイヨシノが出来てからは、桜に人気が奪われてしまいましたが、長年梅は春を代表する花として愛されていました。
青空に浮かぶ薄ぴんくが美しいです。
そして薫りも・・・。

梅はとても匂いが強く、視覚よりも嗅覚での存在認識が強い花だと思います。
奈良時代・平安時代と、梅の和歌がよく詠まれていますが、薫に纏わる歌が多いように思います。

和歌もいいけれど・・・今回は大正3年の尋常小学唱歌『夜の梅』を。

一 梢まばらに咲初めし
  花は、さやか に見えねども、
  夜もかくれぬ香にめでて、
  窓はとざさぬ闇の梅
ニ、
  花も、小枝もそのままに
  うつる墨畫の紙障子。
  かをりゆかしく思へども、
  窓は開かぬ月の梅



先日初めて知った歌なのですが、とても美しい歌です。
写真は暮れ時に撮影したもの。
毎回思うのですが、灯篭がやや邪魔です・・・。

拍手[8回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne