忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明治時代のトイレ

お待たせ致しました。
先月、コヤノ美術館内の大正時代のトイレ を紹介した時に予告した、明治時代のトイレです。
待ってないよと言わないで。



大正時代のトイレと同じく、書院があり、床と天井は一枚板が使用してあります。
これだけの幅の一枚板は、もうとるのは難しいのではないでしょうか。
非常に明るいトイレです。

そして、一見ボットントイレに見えるのですが、実はこれ、水洗トイレなんです。
ちゃんと水洗ハンドルが付いています。



水洗と言っても下水道なんて通っていないので、真下に貯まらず他所に流してしまうだけの簡易水洗ですが、田舎の農家(豪農)で明治に水洗なんて、凄い以外の言葉が浮かびません。

因みに、トイレの戸は桐の一枚板です。
湿気や臭いを吸収するのでトイレには最適・・・!?贅沢です。

拍手[7回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne