忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[239]  [238]  [237]  [236]  [234]  [235]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229

市松人形・花子とゆく①


その存在感から、館内人気ナンバー1?の市松ドール。
私、花子が、コヤノ美術館内を少―しご案内致しますわ。
しばしお付き合い下さいませね。



まずはここ。

私の後ろに見えるのは、今年新たに展示した「洛中洛外図屏風」。
よくよく見ると人々の生活が見て取れて結構面白いわ。
すぐそばまで近寄れるから、これを機会にぜひじっくり見てね。
また、撮影スポットとしても人気よ。
とても華やかな雰囲気の写真が撮れるわ。
私の赤い着物も、よく映えてるでしょ。

次はここ。
館内に入ってすぐに目に入るところよ。

スカッと見えるからか、足を止める方がとても多いの。
3間続きになっていて、季節によっては奥に百日紅の花が見えるわ。
農家で3間続いている家って少ないのよ。


縁側に出ると心地よい風が吹いて、気持ちが良いわ。

見学後にゆっくり寛いでいただけるよう、このあたりにはイスをいくつか置いてあるのよ。
座って庭を眺めると、なんとなく…なんとなくよ、心が休まる気がするわ。

最近だんだん暑い季節が長くなってきたようだけど、日本の家は、厚い時期を少しでも過ごしやすいようにって、風通し良く、また、日光を遮る為に庇が長くつくられているの。

整列した垂木が美しいわ。

今回最後はレディに人気の高いあの場所で締めくくるわね。

そこへ行くにはこの箪笥階段を上らないとといけないのだけれど、ちょっと段が高いから、足もとには充分気を付けてほしいわ。
箪笥階段も上がれる場所って殆ど無いんじゃないかしら。
子供たちはいつも大喜びよ。

上に上がると、そこは屋根裏になるんだけれど、そう、着物が飾ってあるの。

子供の着物だけじゃないわよ。花嫁の着物、古い帯…。
着物に描かれた絵は華やかでお目出度いものから、懐かしかったり、哀しかったり、笑えたり。
単純に見て美しいだけじゃない。そこには時代の波が閉じ込められて、本当に、心振るわす空間だわ。


タイトル見たら気付くと思うけれど、私の案内、続くわよ。

花子とゆく 

拍手[8回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne