忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243

市松人形・花子とゆく③

こんにちは、花子よ。
皆様元気にしていらしたかしら。


私が今居るのは、お客様の半数がカメラを取り出す撮影スポット。
ここから中庭と、昭和初期の接客用離れ(棟上げは大正)が見えるの。


重厚感ある明治の主屋や華やかな大正の洋館とは違う、洗練された和の空間が、そこにはあるわ。
それでは今から、案内するわね。


この建物は、京都の宮大工が建てたのだけど、様々な銘木が各所に使われていて、「木目を楽しむ建物」になっているのよ。
銘木の話も色々したいのだけど、今回は飛ばして2階へ行くわ。


階段を上がって一番最初に目に入るのは、今私の後ろに見える芭蕉布の襖かしら。
沖縄の芭蕉の葉の繊維を織った天然の織物で出来ているのだけど、「西の芭蕉布、東の葛布」なんて呼ばれた事もある、襖紙としては最高級の物よ。

そして、最初の間。茶室をイメージしているのかしら、掛込天井と暗めの壁が特長的な部屋よ。

部屋の障子をそっと開けると、眼前に山や田の緑が広がり、涼やかな風が流れ込んで、今の季節は本当に、生き返る気持ちになるわ。


廊下は長さが10mあるのだけれど、床も手すりも、節目の無い1本の木で出来ているの。
スッとしていて美しいのもそうなんだけど、その時代にこの木材を見つけ、運び、加工したという大工の仕事ぶりに感動するわね。


さて、本当に簡単にだけど、ぐるっと案内したわよ。
もちろん、案内していなところも沢山あるし、写真じゃ伝わらない事ばかり。
是非、ご自身の目で確かめて頂きたいわね。

ひとまず、私の担当回はこれにておしまい。
それでは皆様、ごきげんよう。
またお会いしましょう。

花子とゆく 
「花子とゆく」他の回は、PC画面サイドバー、ブログ内検索より「花子」でも探せるわよ♡

拍手[11回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne