忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガスマスク

「防空防毒面」…ガスマスクです。

昭和15年 昭和化工株式会社 製
効用として、『本防毒面ハ防空用ニシテ空襲毒瓦斯ヲ完全ニ除キマス』と記されています。

「空襲」と言うと、焼夷弾のイメージが強いのですが、有毒ガスの投下計画もあり、本土への空襲が予想されるようになると、一般家庭でもマスクを備え、使用訓練がおこなわれました。
持っていたのは兵士だけでは無かったのですね。
実際、マスクは高価なものでデパートなどで販売され、入手できない方の方が多く、和紙や油紙などで簡易防毒マスクを作ったりしていたようです。

また、避難の際に毒を防ぐ為に、防水手袋やゴムマント、長ゴム靴の手入れ・保存なども各家庭に義務づけられていました。
その他、防毒室や防毒蚊帳の準備なども指導されていました。

毒ガスは実際には投下されませんでしたが、投下後を想像しただけでも、本当に恐ろしいです。

防毒面は、現在「戦争と平和展」にて、展示中。
その他、「貯金箱と宝船展」など、現在開催中の展示が見られるのは、今年の12月14日まで。
開館日は残すところあと10回です。
来年には展示品が変わりますので、「まだ見てないわ」という方はお早めに。

拍手[5回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne