忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282

花子とゆく番外編~夜のお散歩 第三夜~


いらっしゃい、花子よ。
今日は迎えに来てくれたの?
嬉しいわ。
さぁ、一緒に回りましょ。

今日は昭和の離れの探検よ。

…前回、明治の建物内を案内した時の事、覚えていらっしゃるかしら。
私、「修復した際に照明を付け替えているので、とても明るいわよ。」って言ったと思うのだけど。
どう?
ねぇ、どうかしら?
この建物は昔の電気をそのままつけているから、写りが違うでしょ?
これが昭和の明りよ。


2階に移るわね。
この建物の雪見障子は、真ん中で開くタイプになっているのよ。


うふふ、チラリが楽しくって、うっかり2カットも撮ってしまったわ。

この建物は東面と南面に大きな窓ガラスがあってね、キレイに映り込むから、なんだか不思議な感じがするわね。

大正時代の廊下も、大きなガラスが連なっているけれど、当時の窓は、1枚1枚小さいガラスを嵌め込んだものが多くて、1枚でこのサイズっては少ないわね。

さて、花子との夜の探検はこれでおしまい。

12月~2月の土曜日は、予約してくれた方だけ、特別に夜のコヤノ美術館が楽しめる「ナイトミュージアム」を開催するわよ。
予約は9月から開始するから、宜しくね。
予約については、9月になったらブログとHPでお伝えするわ。
私も待ってるわよ。

拍手[6回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne