忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

硝子戸の中の世界

硝子

光の加減で奥も内も映し出すそれは
現と幻の境界線
幻想世界


撮影場所:昭和の離れ2階の窓硝子

コヤノ美術館は、ガラスをふんだんに使った民家として稀な建物です。
ガラスは貴方にいつもと違う世界を魅せてくれるかもしれません。

因みに・・・日本の「ガラス」という言葉は、オランダ語から来たもので、「硝子」の字は、ガラスの原料に硝石を使っていることから、明治初年に官営の硝子製造会社が使用したことから広まった様です。

拍手[8回]

PR

ガラスの世界
コヤノ美術館のガラスの世界は
いつも廻りがよく映っていますね
以前のブログでは周囲の様子が1階のガラスの映りにあらわれていましたし
今回の2階のガラスの映りでは”雲と青空 ”がとても綺麗ですね
創られている方の感性がよく解ります(笑)
Re:ガラスの世界
>ういんだむさん
本当に、ここのガラスにはよく周りの風景が映りこみます。
じっと眺めていると、本当に不思議な感じが致します。
【 管理人K 2012/10/15 14:38】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne