忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

来客用檜風呂

以前家族風呂の記事を書きましたが、今回は、来客用のお風呂です。
こちらも家族用同様大正時代につくられたもので、家族用お風呂の横にあります。

檜の優しい風合いのあるお風呂です。

下には銅版が引いてあり、五右衛門風呂式になっています。
右にあるのはシャワーです。

上を見上げると、湯気抜きがついています。

写真では見えませんが、ルーバー部分はガラスでできてます。

家族風呂もそうだったのですが、当時、タイル張りの風呂というのは、木やモルタルと比べて水性、耐久性に優れ、衛生的ということで、どんどん取り入れられました。しかし、どうやらタイルは賛否両論あるようで、谷崎潤一郎が『陰影礼讃』の中で、タイルのお風呂について、次のように書いています。

「偕楽園主人は浴槽や流しにタイルを張ることを嫌がって、お客用の風呂場を純然たる木造にしているが、経済や実用の点からは、タイルの方が方々優っていることは云うまでもない。たゞ、天井、柱、羽目板等に結構な日本材を使った場合、一部分をあのケバケバしいタイルにしては、いかにも全体との映りが悪い。出来たてのうちはまだいいが、追い追い年数が経って、板や柱に木目の味が出て来た時分、タイルばかりが白くつるつるに光っていられたら、それこそ木に竹を接いだようである」

ここのお風呂は、まさしく書かれているような白いタイルと木を使ったお風呂です。
私は素敵だと思いますが、ここに入られた当時の方々はどのような印象をうけたのでしょうか。
日本人にとってお風呂は、心身共にリフレッシュの場、浴室内の雰囲気も大切ですよね。
外国から文化や素材がどんどん入ってくる中で、自分たちとの文化や生活との折り合い地点を模索した時代の、試行錯誤が見て取れます。

拍手[6回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne