忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171

和洋折衷家族風呂

五右衛門風呂(長州風呂)。

鋳鉄の風呂釜に水を入れて、直火で焚いて入浴する。底はとにかく暑いので、踏板か下駄を履いて入る。背中ももたれると暑い。
「入るのは大変なんだよ~」と、おっしゃる方がちょくちょくいらっしゃいます。


館内の家族用の風呂です。



狭いながらも、床面は欧州を彷彿させ、壁には「ザ・日本の柄」とも言える井桁模様をあしらった、和洋折衷です。

大正時代はタイルが名実共に建材として広く認められ、浴室や洗面所などに使用されるようになりました。中でも、華やかな装飾タイルは非常にもてはやされ、輸入したほか、イギリスの装飾タイルを模した和製マジョリカタイル(多彩色レリーフ・タイル)は昭和10年頃まで製造されました。
マジョリカタイルは沢山の色で花や鳥、様々なものを描いた本当に華やかなタイル。

そんな中、この井桁模様。
ハイセンスです。

拍手[7回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne