忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[207]  [206]  [205]  [204]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196

弁当箱貸出中。

象印マホービン株式会社が運営する「まほうびん記念館」にて、企画展「おべんとうと弁当箱のはなし」を開催しています。

コヤノ美術館からも、江戸時代の弁当箱「黄石公張良蒔絵提重」を貸出ており、展示中です。


この弁当箱です。
四段の重箱と、お酒を入れる徳利、盃、小皿がセットになった提重。
今で言う「ピクニックセット」ですね。

写真には写っていないのですが、上部に名称にもなっている「黄石公と張良」が描かれています。
これは、『史記』に記されている有名な故事で、出世に関するエピソードです。江戸時代には狩野派の画家が好んで画題としたり、西本願寺の唐門(唐門)にも彫られています。

そして重箱の横には雁が飛んでいます。
雁は、「生涯パートナーを変えない渡り鳥」であることから、雁の絵や模様は夫婦円満や吉報を呼ぶとして好まれていました。

弁当持って出かけるなんて、一大イベントですからね、縁起の良い柄のものを使いたいですよね。

沢山の方に見て頂けたら幸いです。

まほうびん記念館
企画展「おべんとうと弁当箱のはなし」
平成26年9月4日~平成27年4月20日
「日本人の食生活に大きな影響を与えた『おべんとう』を取り上げ、『弁当』の起源や『弁当箱』の歴史を、大阪近郊の博物館・美術館,全国の関係先からお借りした弁当箱や画像などでご紹介」
※まほうびん記念館の見学は予約が必要です

拍手[5回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne