忍者ブログ
豪農の館ーコヤノ美術館西脇館ーの写真ブログ。コヤノ美術館HPへはプロフィールのHPアドレス若しくはリンクよりどうぞ。
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
K
HP:
性別:
女性
自己紹介:
コヤノ美術館西脇館~豪農の館~
住所
〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139番地(鍛冶屋線
市原駅記念館 隣り)

開館日
毎週土曜・日曜日。午前10時~午後5時(冬季は午後4時まで)

問い合わせ
TEL:(06)6358-4930 
(月曜~土曜 午前9時~午後6時まで)
mail:koyano@koyafron.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
[01/04 ブロッサム]
[02/09 白い家具]
[08/01 興味津々丸]
[07/28 意匠創作のふたり]
[07/05 おにかま]
バーコード
カウンター
[195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185

ぐるぐる

「舞踊傘」というものがあります。
読んで字のごとく、舞踊の際に使用する傘なのですが、多くは円もしくは渦巻き柄が描かれています。
これはやっぱり、魔よけや祈りの要素なのかと見るたびに考えてしまいます。

そもそも、日本の芸能は宗教性を兼ね備えており、日本舞踊の神髄は日常とは違う世界への誘いなのだそうで。
また、日本各地には「傘踊り」と言うのが伝わっており、傘を回したり振ったりしながら踊るのですが、その、踊る理由と言うのは雨乞いであったり、先祖供養であったり、神への奉納であったり…祈りですよね。
うずまき模様についても、縄文土器のにも沢山施されていますが、永遠に回転し、流れて行く世界、輪廻転生を表現したものという考え方もあります。
傘を回すのもここへ繋がってくるのかもしれませんが…



細かい理由抜きで、吸い込まれてしまいそうな魔力があるように、私は思います。


拍手[5回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne